木石港3の育種上有用な形質の遺伝分析(縞萎縮病・叢性・出穂早晩性)

木石港3の育種上有用な形質の遺伝分析(縞萎縮病・叢性・出穂早晩性)

課題番号1993000044
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題消費ニーズに対応した高品質作物の開発と生産・利用体系の確立
大課題作物の安定的高品質・多収品種の育成
中課題麦類の高品質・多収品種の育成
小課題木石港3の育種上有用な形質の遺伝分析(縞萎縮病・叢性・出穂早晩性)
摘要中国在来の大麦導入系統「木石港−3」は縞萎縮病抵抗性であるとともに早生であることが知られているが、その形質は育種的にはほとんど利用されず、また遺伝様式についての情報も少ない。そこで、叢性および出穂早晩性の育種上有用な形質についてその遺伝様式を検討した。その結果、叢性は各親品種・系統および連続戻し交雑F1はすべて匍匐型であったが、F2世代では直立型が分離し、分離した系統内の個体分離比は、匍匐型:直立型=15:1または3:1であったことから直立型の叢性は2つの劣性同義遺伝子により決定されると考えられた。また、早晩性はF1世代およびF2世代での各系統における分離から、早生の優性遺伝子が少なくも2つあることが明らかになった。
研究分担作物開発・大麦育種研(麦育種班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037026
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat