土壌微生物におけるポリアミン代謝系発現機構

土壌微生物におけるポリアミン代謝系発現機構

課題番号1993000098
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H04〜H09
年度1993
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題耕地土壌環境の診断技術と管理技術の確立
中課題土壌環境の診断技術の開発
小課題土壌微生物におけるポリアミン代謝系発現機構
摘要根粒菌の主要ポリアミンであるホモスペルミジンについて、その代謝経路や根粒菌の環境ストレス耐性における生理的役割の解明を目的とする。本年度は、根粒菌のホモスペルミジン代謝系路について検討を行った。阻害剤による実験の結果から、根粒菌が低浸透圧状態に置かれた時に見られる細胞内ホモスペルミジンレベルの上昇は、アルギニンやアグマチンを経る経路ではなく、オルニチンープトレシンーホモスペルジン系の作動に起因していることが明らかとなった。また、ホモスペルミジン合成をアセチルグルタミン酸やアセチルオルニチンが促進することにより、アセチルオルニチン回路の関与が示唆された。
研究分担土壌肥料・栄養診断研(診断班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037080
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat