トマト黄化えそウイルスゲノムの構造解析(139)

トマト黄化えそウイルスゲノムの構造解析(139)

課題番号1993000123
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関技術会議
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題トマト黄化えそウイルスゲノムの構造解析(139)
摘要トマト黄化えそウイルス(TSWV)の核酸は分子量の異なる3種(L、M、S)のRNAから構成されているが、本年度はS−RNAのゲノムの構造解析を行った。まず、化学法によりS−RNAの3’末端の15塩基の配列を決定した後、これを含む約1キロベースのクローニングを行い、塩基配列の解析を進めたところ、一つの翻訳領域(ORF)をもつ777塩基の配列を明らかにした。この領域の塩基配列から推定されるアミノ酸配列は、TSWVのヌクレオプロテインのアミノ酸配列と一致した。また、本塩基配列結果は、オランダ、アメリカ、ブルガリア等で報告された結果と極めて高い相同性が認められた。
研究分担病害虫防除・ウイ診断研(ウイルス班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037105
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat