植物ウイルスの簡易迅速診断法の開発(141)

植物ウイルスの簡易迅速診断法の開発(141)

課題番号1993000125
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関技術会議
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題植物ウイルスの簡易迅速診断法の開発(141)
摘要わが国では約230種の植物ウイルスが発生しており、これらの多くは昆虫により伝播される。本研究では媒介昆虫1頭からのウイルス検出法の確立を目途に、トマト黄化えそウイルス(TSWV)の媒介虫であるダイズウスイロアザミウマ成虫からPCR法(遺伝子増幅法)によるウイルスの検出を検討した。本法の精度を、TSWV感染葉を用いて調べた結果、TSWVのRNAを鋳型としたcDNAが増幅されていたので、TSWVの検出にPCR法が有効であることが判った。そこで、成虫1頭ごとに全RNAを抽出してPCR法で調べたところ、TSWVを伝搬した雌雄全ての成虫個体から陽性結果が得られた。本法は媒介虫からのウイルス検出に有用と思われる。
研究分担病害虫防除・ウイ診断研(ウイルス班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037107
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat