マイコプラズマ様微生物(MLO)の媒介特性の解明(143)

マイコプラズマ様微生物(MLO)の媒介特性の解明(143)

課題番号1993000127
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関生物研
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題マイコプラズマ様微生物(MLO)の媒介特性の解明(143)
摘要マイコプラズマ様微生物(MLO)の媒介特性を明らかにするため、セリ萎黄病MLOおよびイネ黄萎病MLOがイネ科植物に伝搬するか否かについて検討した。セリ萎黄病MLOはヒメフタテンヨコバイにより二条大麦、六条大麦に伝搬し、葉の黄化、株全体の萎縮などが観察された。発病植物からの戻し接種も可能であり、電顕観察によりMLO粒子も確認された。コムギ、イネ、イネ科雑草(エノコログサ、スズメノテッポウ、カラスムギなど8種)では発病が認められず、本MLOの伝染源にはなり得ないことが明らかとなった。イネ黄萎病MLOはツマグロヨコバイによりイネのみに伝搬し、宿主範囲が狭いことが明らかになった。
研究分担病害虫防除・マイコ防研(マイコ病班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037109
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat