オオムギ縞萎縮及びオオムギマイルドモザイクウイルスの系統診断技術および抵抗性検定法の開発(150)

オオムギ縞萎縮及びオオムギマイルドモザイクウイルスの系統診断技術および抵抗性検定法の開発(150)

課題番号1993000133
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の生理生態的特性の解明
小課題オオムギ縞萎縮及びオオムギマイルドモザイクウイルスの系統診断技術および抵抗性検定法の開発(150)
摘要オオムギマイルドモザイクウイルスの系統の血清診断法を検討した。香川県において抵抗性品種イシュクシラズより得たKa1系統及び山口県において抵抗性品種「きぬゆたか」より得たNa1系統の抗血清を作製して、吸収法により共通する抗原を除去した後、エライザ法で反応を調べた。その結果、Na1吸収Ka1抗血清を用いた場合はKa1のみが、Ka1吸収Na1抗血清を用いた場合はNa1のみが特異的に反応し、交差反応は認められなかった。したがって、吸収抗血清を用いたエライザ法により、病原性の異なる2つのウイルス系統の識別が可能になった。
研究分担病害虫防除・ウイ防除研(ウイルス班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037115
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat