コナガ幼虫寄生蜂大量増殖の最適条件の探索

コナガ幼虫寄生蜂大量増殖の最適条件の探索

課題番号1993000158
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題作物病害虫の発生機構の解明と制御技術の確立
中課題作物病害虫の制御技術の開発
小課題コナガ幼虫寄生蜂大量増殖の最適条件の探索
摘要環境に調和した農業・より安全な食糧生産への社会的要請をバックに、農作物の害虫防除の分野でも、天敵の農薬的使用(大量増殖した天敵を農薬散布のように幾度も繰返し放飼する)という観点から、天敵利用が再認識されつつある。殺虫剤抵抗性の発達が著しく典型的な難防除害虫であるコナガを対象に、人工飼料によって大量飼育したコナガを使用し、数種寄生蜂(Apanteles、Diadegma等)の大量増殖・保存・運搬に関する実用化技術の開発並びにそれら寄生蜂を施設・野外で放飼し、コナガの防除効果の評価法の確立と実際の防除技術の実用化を目的とする。
研究分担病害虫防除・畑虫害研(虫害班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037140
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat