連作障害防止のための耕地生態系の総合管理システムの開発(188)

連作障害防止のための耕地生態系の総合管理システムの開発(188)

課題番号1993000171
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題生態系に調和した作物生産管理技術体系の確立
大課題生態系に調和した耕地環境の管理技術体系の確立
中課題耕地環境の総合的診断・変動予測手法の開発
小課題連作障害防止のための耕地生態系の総合管理システムの開発(188)
摘要代表的連作障害である土壌病害を対象として、衛星データを活用した発病関連土壌要因の広域診断手法、および作物の生理機能を指標とした発病程度の評価手法を検討した。衛星データのうち、コスモス衛星写真の近赤外と赤の比が土壌の排水性の数量的指標となり得ること、近赤外デジタル化濃度から土壌有機物含有率を広域的に把握できることを大規模野菜産地である群馬県嬬恋村を対象として示した。さらに、多波長域のランドサットTMデータの併用により同産地における土壌分類の判別精度が向上することを明らかにした。また、作物の生理機能のうち葉の水ポテンシャルの変化からキャベツ根こぶ病の発病程度の推定が可能であることを示した。
研究分担プロチーム・プロ2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037153
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat