不耕起栽培による畑作物の初期生育促進効果の解明

不耕起栽培による畑作物の初期生育促進効果の解明

課題番号1993000179
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題土地利用型農業における生産性向上のための総合的技術体系の確立
大課題持続的高生産性耕地利用技術の確立
中課題耕地利用方式による作物生産機能の変動機構の解明
小課題不耕起栽培による畑作物の初期生育促進効果の解明
摘要10年間にわたる省耕起栽培に関する試験から、だいず、とうもろこし、陸稲、らっかせい等の夏作物は、省耕起で初期生育が促進されることが明らかになった。この要因として、省耕起に伴う水分・地温・土壌硬度等の土壌環境の変化や施肥法の影響が推定されるが、十分な解明は行われていない。今後、省耕起の長所を活かす作物の選定・栽培を行うためには、これら要因の解明が求められる。そこで、耕起法や耕起深の違いに基づく毛管水による下層から表層への水分供給状況、播種時期の違いに伴う地温の高低及び施肥法等と畑作物の初期生育との関係について検討し、省耕起栽培条件下における初期生育促進の要因を明らかにする。
研究分担耕地利用・作付体系研(作付体系班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037161
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat