中・高水分大豆の高品質収穫技術の開発(218)

中・高水分大豆の高品質収穫技術の開発(218)

課題番号1993000196
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題土地利用型農業における生産性向上のための総合的技術体系の確立
大課題農業機械・施設の高機能化と効率化技術の確立
中課題農業機械・施設の効率向上技術の開発
小課題中・高水分大豆の高品質収穫技術の開発(218)
摘要前年度に試作した挟持供給装置付上扱式脱穀試験装置で高水分大豆の脱穀特性の把握を試みたが、完全莢の割合が約50〜60%に留まった。次に、2条引抜き切断式刈取り装置、供給コンベア、挟持用オーバーヘッドコンベア、上扱式脱穀装置等より成るコンバインモデルを試作し、枝豆収穫可能性試験を行った結果、人力で整列して1株当たり2秒程度の供給速度に制限した時、枝豆に十分適していると見られる莢をおよそ80〜85%、軽度の損傷莢を含めると90%程度を得た。
研究分担機械作業・畑機化研(畑機械班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037178
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat