水稲の育苗・移植作業の省力化に関する研究

水稲の育苗・移植作業の省力化に関する研究

課題番号1993000203
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
研究期間新H04〜H06
年度1993
研究問題土地利用型農業における生産性向上のための総合的技術体系の確立
大課題農業機械・施設の高機能化と効率化技術の確立
中課題農業機械・施設の効率向上技術の開発
小課題水稲の育苗・移植作業の省力化に関する研究
摘要水稲の育苗・移植作業の省力化・効率化を目的とし、通常のマット苗の10倍の長さを持つロングマット苗の生産・移植技術の開発方法について検討した。土及び市販の成形培地を用いてロングマットを作成した場合その重量は最低でも20kgになり、マットの軽量化の必要性から、マット苗の作成には水耕法が適していると判断された。そこで、水耕法を用いて水稲根だけでロングマットを作成する基礎的な技術についての検討を行うと共に、水耕法で作成したロングマット苗を田植機に載せるために直径10cm程度の芯を入れて巻き取ったところ、マットの伸びによりマットが変形した。また、植付爪で掻き取りを行ったところ、掻き取りが進むにつれてマットが変形し掻き取りが不可能になった。以上の結果、マットの変形を防止するための素材を混入してロングマットを作成する必要性を認めた。
研究分担機械作業・水田作業研(水田作業班)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037185
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat