マイクロ波を用いた食品成分測定のための前処理法(31)

マイクロ波を用いた食品成分測定のための前処理法(31)

課題番号1993003616
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H03〜H06
年度1993
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の分析及び品質評価法の改良、開発
中課題食品の分析法の開発及び品質評価基準の策定
小課題マイクロ波を用いた食品成分測定のための前処理法(31)
摘要食品中の有機および無機成分を測定するための試料の前処理は、アルカリおよび酸による長時間の加熱分解が一般的である。マイクロ波を用いて試料分解時間を短縮するための諸条件を検討する。窒素測定のためのケルダール分解の分解補助剤、マイクロ波出力と分解時間、試料の種類(小麦粉、クリープ、きなこ)および試料量について検討した。試料0.5gに分解剤として硫酸20ml、分解補助剤(硫酸カリウム、硫酸銅、二酸化チタン)10gおよび過酸化水素水(20%)を用いて分解条件を検討した結果、試料の種類により、マイクロ波出力と分解時間のプログラムを変える必要があったが、27分〜35分で分解が終了し、分解時間を1時間程度短縮できた。測定値は従来法のマクロ法とよく一致し、再現性もよかった。次年度は食品中のアミノ酸および無機成分測定のための試料の前処理法について検討する。
研究分担分析評価・状態分析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037287
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat