食品中の食物繊維と消化性炭水化物の系統的分析法の開発

食品中の食物繊維と消化性炭水化物の系統的分析法の開発

課題番号1993003619
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題品質成分の解明及び評価
大課題食品の分析及び品質評価法の改良、開発
中課題食品の分析法の開発及び品質評価基準の策定
小課題食品中の食物繊維と消化性炭水化物の系統的分析法の開発
摘要食品成分表の炭水化物の糖質は「差し引き」によって算出されているが、他の一般成分の測定の誤差が集積される等、問題のある項目である。食物繊維の成分表が公表されたことを機会に糖質を実測の測定値にかえる方向を目指すため、系統的分析法として、酵素重量法(Prosky変法)で不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を測定し、エタノールで沈澱させた食物繊維を濾取した時の濾液中の糖類を消化性炭水化物としてパルストアンペロメトリー検出器を用いるHPLCで直接分離定量する方法を検討した。小麦大ブスマ(脱脂)、小ブスマ、大豆(脱脂)、コンブ茶、マコンブ、ニンジン(脱脂)の各試料を分析したところ、消化性炭水化物の定量が可能であった。タンパク質、(脂質)、食物繊維、消化性炭水化物および灰分の合計は、90〜100%となり、新分析法として提案できることが示唆された。
研究分担分析評価・状態分析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037290
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat