複合糖質の調製とその性質(68)

複合糖質の調製とその性質(68)

課題番号1993003656
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H04〜H09
年度1993
研究問題素材の特性解明及び利用
大課題食料資源の理化学的性質の解明
中課題糖質の特性解明と高度利用
小課題複合糖質の調製とその性質(68)
摘要複合糖質の汎用性を高めるために、複合糖質の親水基がタンパク質表面と相互作用することを利用した、タンパク質の新規な精製法の確立を試みた。本年度は、δ−グルコノラクトン、グルタミン酸、高級アルコールから構成される合成界面活性剤を用いて、タンパク質との相互作用を調べた。これまでに確立した有機溶媒可溶化リパーゼの調製法を応用して、界面活性剤とタンパク質で水に不溶な複合体を調製した。この複合体を有機溶媒に溶かし、トリエチルアミンと緩衝液を添加した系で、複合体を構成したタンパク質を水層に抽出した。抽出されたタンパク質を調べた結果、界面活性剤と複合体を調製するときの溶液中のテトラヒドロフランの濃度に依存して、タンパク質が界面活性剤と複合体を構成する効率が異なることがわかった。本法を応用して、各種の粗リパーゼを活性を維持したままの状態で6〜64倍に精製することができた。
研究分担理化学・炭水化物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037327
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat