物理・化学的手法による毒素低減化技術の開発(139)

物理・化学的手法による毒素低減化技術の開発(139)

課題番号1993003723
研究機関名食品総合研究所(食総研)
他機関茨城大学
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の品質保持技術の改良、開発
中課題食品加害菌及びマイコトキシンの制御法の改良、開発
小課題物理・化学的手法による毒素低減化技術の開発(139)
摘要トリコテセン化合物の高速液体クロマトグラフィーによる分析法を検討した結果、カラムは市販のLiChrosphere 100 RP−18(e)(5μm)及びPolysphere RP18を用い、比較的良い分離結果を得た。pHの違いによる分解を検討した結果、デオキシニバレノール(DON)及び3−アセチルデオキシニバレノール(3−Ac−DON)のいずれも酸性及び中性では分解の程度が低かったが、強アルカリ性(pH 11)ではいずれもかなり分解された。そこで、DONに水溶液でアルカリ性になる炭酸水素ナトリウムを最終濃度が5%になるように添加し80℃、150分保持すると、DONはほとんど分解された。3−Ac−DONも同様に反応させると、80℃、30分で3−Ac−DONはほとんど分解された。
研究分担流通保全・トキシン研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037394
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat