農産物におけるフモニシンの汚染実態解明

農産物におけるフモニシンの汚染実態解明

課題番号1993003728
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の品質保持技術の改良、開発
中課題食品加害菌及びマイコトキシンの制御法の改良、開発
小課題農産物におけるフモニシンの汚染実態解明
摘要フモニシンは、Fusarium moniliforme(有性世代Gibberella fujikuroi)が産生するマイコトキシンである。Fusarium属菌は植物病原菌として良く知られており、マイコトキシンは、植物の生育中に産生されることから、汚染防除が困難である。フモニシンは、馬の白質脳炎の原因物質であることだけでなく、中国、南アフリカにおけるヒト食道癌との関連が示唆されたり、発癌プロモーション作用があり、ラットに肝癌を発生させることが判明して以来、ここ1〜2年最も注目されているマイコトキシンである。わが国の農産物の安全性を図る上で、緊急に汚染の実態解明をする必要がある。このため、国内産及び海外からの農産物について、フモニシンの汚染実態ならびに汚染の可能性を解明する。
研究分担流通保全・トキシン研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037399
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat