食品の放射線処理の検出技術の開発(145)

食品の放射線処理の検出技術の開発(145)

課題番号1993003731
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の品質保持技術の改良、開発
中課題電磁波を利用した食品の品質制御技術の改良、開発
小課題食品の放射線処理の検出技術の開発(145)
摘要インピーダンスの測定温度は照射馬鈴薯の検知の成否に大きく影響した。低温で貯蔵した馬鈴薯は、インピーダンス測定の前に22℃で3日以上貯蔵することにより、非照射馬鈴薯と照射馬鈴薯のインピーダンスの明確な違いを観察することができた。高温で貯蔵した馬鈴薯は、一時低温で貯蔵した後に22℃で3日以上貯蔵する必要があった。いずれの馬鈴薯も22℃でインピーダンスを測定することにより照射の有無を識別することができた。この条件で求めたインピーダンスマグニチュードの5kHzと50kHzにおける比は、線量に依存して値が大きくなった。また、インピーダンスマグニチュードの5kHzと50kHzにおける比は、馬鈴薯の生産地の影響を受けず、照射馬鈴薯の検知のためのパラメータとして有望なことが明らかになった。来年度は、多品種の馬鈴薯および市販の照射馬鈴薯を対象に検討する。
研究分担流通保全・放射線研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037402
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat