微水系メンブレンバイオリアクターの特性解明(168)

微水系メンブレンバイオリアクターの特性解明(168)

課題番号1993003753
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の加工・流通に係わる工学的技術開発
中課題食品素材の生物工学的生産システムの開発
小課題微水系メンブレンバイオリアクターの特性解明(168)
摘要微水系酵素反応は加水分解反応を抑え、通常の反応の逆反応活性が高まるなど利点を有する。これまで、ヘキサン中でトリパルミチンとステアリン酸のエステル交換を対象にして、界面活性剤で修飾し親油性を高めたリパーゼを用いることにより反応が著しく促進されることを示してきた。本年度は、この修飾に適したリパーゼと、界面活性剤の探索を行った。17種の市販のリパーゼを調べた結果、LIPASE SAIKEN 100、LILIPASE A−5、TALIPASE、PALATASE M 1000Lの4種に高い活性がみとめられた。LIPASE SAIKEN 100を用いて、食品グレードのソルビタンエステル(SBE)系、シュガーエステル(SE)系の界面活性剤を中心に検討した。HLB 4.3以下では、生成沈殿物量は少なく、また、沈殿物を凍結乾燥して得られる修飾酵素の活性はみとめられず、完全に失活しているとみなせた。SBE系では、HLB 4.7のモノステアレートでタンパク質回収率も11%程度と高く、発現活性も最大値を示し、HLB 8.6にいたるまで徐々に活性は低下した。SE系では、HLBが6〜15において、沈殿物が生じて、タンパク質としての回収率はHLBが高いほど高くなり、修飾酵素活性はHLBの値に依存しなかった。レシチンなどのリン脂質との沈澱物が得られなかった。
研究分担食品工学・プロセス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037424
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat