多目的型CA貯蔵法の開発(173)

多目的型CA貯蔵法の開発(173)

課題番号1993003760
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題加工・流通技術の開発及び利用
大課題食品の加工・流通に係わる工学的技術開発
中課題品質保持のための物流技術の改良、開発
小課題多目的型CA貯蔵法の開発(173)
摘要ガス置換速度を19l/minから50l/minに上げ、かつ真空ポンプを使用しないシステムに改良し、性能向上とコスト低減を図った。既存の冷凍コンテナ、冷蔵トラックおよび冷蔵庫にCA機能を付加できる汎用的な多目的型CA装置を設計し、実用機を試作中である。その仕様の概要は耐振動、衝撃性を有すること、結露、高温等悪環境に強いこと、停電の復帰時に自動的に起動し、コントロールプログラムが正常に動作すること、コントロールの条件設定操作が簡単なこと、故障時のメインテナンスが容易であること等である。西洋梨の貯蔵試験では内部褐変を防ぐために二酸化炭素濃度は0.5%以下である必要があり、6カ月程度の貯蔵の可能性を認めた。西洋梨は追熟技術も重要であるため、現在CA貯蔵における追熟制御の試験を行っている。
研究分担食品工学・流通工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037431
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat