異種酵母間における性フェロモンの細胞表層レセプター認識機構(191)

異種酵母間における性フェロモンの細胞表層レセプター認識機構(191)

課題番号1993003773
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H03〜H08
年度1993
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題微生物・酵素等の利用技術の開発
中課題微生物利用技術の改良・開発
小課題異種酵母間における性フェロモンの細胞表層レセプター認識機構(191)
摘要Saccharomyces exiguus NFRI3539 には、S. cerevisiae のaフェロモンレセプター遺伝子と相同性の高いDNAが2種類存在する。これらのDNAは S. exiguus のaフェロモンレセプター遺伝子である可能性が高く、その1つについて、クローニングと塩基配列の解析を行った。その結果、そのDNAにコードされる453アミノ酸残基よりなるタンパク質は、S. cerevisiae のレセプターと全体で62%の相同性を示し、疎水性領域であるN末端側では80%と高く、逆に親水性領域であるC末端側では28%と低いことが明らかになった。したがって、クローニングしたDNAはS. exiguus の完全な遺伝子である可能性がさらに強まったことになる。
研究分担応微・酵母研微検索研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037444
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat