食品関連微生物の収集、保存、同定及び特性の解明(204)

食品関連微生物の収集、保存、同定及び特性の解明(204)

課題番号1993003783
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間延S60〜H12
年度1993
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題微生物・酵素等の利用技術の開発
中課題有用微生物遺伝資源の探索・評価・保存
小課題食品関連微生物の収集、保存、同定及び特性の解明(204)
摘要本年度、食品総合研究所サブバンクにおいて、細菌117株、糸状菌425株、酵母52株、放線菌18株、合計612株が収集された。本事業の当初からのベースコレクションは1,107株となった。収集対象となったものは、ピルビン酸生産酵母、耐塩性酵母、乳酸菌、食品有害菌の拮抗菌、好浸透圧性酵母、麹用糸状菌、パン用酵母、納豆菌、糖質関連酵素生産菌、プロテアーゼ生産菌、グリコシダーゼ生産菌、二次代謝産物生産放線菌、二次代謝産物生産性変異放線菌、マイコトキシン生産菌、イヌリン分解菌等である。本事業は、第1期が平成4年度までの予定であったが、微生物遺伝資源の収集・保存の必要性がさらに増しているので、第2期として平成12年度まで延長することになった。
研究分担応微食品機能生物機能素材利用流通保全・トキシン研健全性研酵素利用研酵母研糸状菌研素材化研発酵細菌研微検索研微制御研分子機能研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037454
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat