植物における老化の機構に関する分子生物学的・細胞学的研究

植物における老化の機構に関する分子生物学的・細胞学的研究

課題番号1993003820
研究機関名食品総合研究所(食総研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題生物変換機能の解明及び利用
大課題食品の開発に係わる生物機能の利用
中課題細胞機能の解明及び改変
小課題植物における老化の機構に関する分子生物学的・細胞学的研究
摘要植物の液胞膜にはH+−ATPaseとH+−PPase(ピロホスファターゼ)の2つのプロトンポンプが知られている。これらがH+輸送を行うことにより液胞膜内外にH+濃度勾配を形成し、種々の生体内物質の能動輸送や生体の恒常性維持に重要な役割を果たしている。今回本研究においては、新たに開発した緑色を呈しない高純度の液胞膜を単離する方法を用いてカボチャ子葉のH+−ATPaseとH+−PPase活性および、それぞれのH+輸送に及ぼすagingの影響について比較検討を行った。H+−PPaseによるH+輸送は播種後7日目で最大に達し、その後急激に減少し、21日目には1/5程度になるのに対し、H+−ATPaseはほとんど減少は見られなかった。これらの結果は、カボチャ子葉液胞膜のPPi依存性のH+輸送は発芽期に重要な役割を果たし、その活性低下は子葉の老化に深く関係していることが示唆された。
研究分担生物機能・分子情報研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037491
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat