草地の動態と土壌微生物(19)

草地の動態と土壌微生物(19)

課題番号1993000963
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関農研センタ
研究期間継S59〜H13
年度1993
研究問題草地生態系の解明と制御法の開発
大課題草地生態系の動態の解明
中課題土壌生物の動態の解明
小課題草地の動態と土壌微生物(19)
摘要草の根には各種の有用微生物が存在するが、このような微生物群のなかから有用糸状菌を分離し利用することを目的にしている。本年は野草および寒地型牧草の根内から糸状菌を分離し、これらがシバの発芽に与える影響を見た。表面殺菌した多くの根片から各種の糸状菌が分離された。このうちDictyochaetaの出現頻度はアズマネザサで7−8割と高かったが、シバでは1−2割、ススキでは1割以下、寒地型牧草では2−4割であった。これらのDictyochaetaをシバの種子に接種して発芽を見たところ接種しない種子に比べ発芽の割合が高まった。このような現象は他の分離菌(Periconia, Fusarium)には見られなかった。
研究分担生態・土微研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037509
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat