黒ボク土地域の半自然草地における群落構成種のアレロパシー発現機構の解明と制御(22)

黒ボク土地域の半自然草地における群落構成種のアレロパシー発現機構の解明と制御(22)

課題番号1993000967
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間延H01〜H07
年度1993
研究問題草地生態系の解明と制御法の開発
大課題持続的生産のための草地生態系制御法の開発
中課題草地生態系の構成生物群の制御法の開発
小課題黒ボク土地域の半自然草地における群落構成種のアレロパシー発現機構の解明と制御(22)
摘要野草地におけるアレロパシー発現草種と推察されるハルガヤの植物体中に含まれるアレロパシー物質であるクマリンが、ハルガヤ植物体外に放出される経路を明らかにするために、推定される4経路上のクマリンを、高速液体クロマトグラフを用いて定量した。生きているハルガヤ植物体から大気中への揮散、雨水による浸出、根からの放出の3経路ともに、他の植物の生育に影響を与える可能性があると推察されるクマリン濃度は得られなかった。これに対して、植物遺体を土壌表面に放置した場合、潅水によってハルガヤ中のクマリンが土壌へ移行し、他植物の生育に影響を与えるに足る濃度に達すると考えられた。
研究分担生態・草地生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037513
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat