牧草品種における混播適性の評価と利用(77)

牧草品種における混播適性の評価と利用(77)

課題番号1993001027
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題牧草の育種集団における遺伝的基盤の解明
中課題品種集団の適応性の遺伝的解明
小課題牧草品種における混播適性の評価と利用(77)
摘要品種レベルの組み合わせによる混播適性について利用3年目の調査を行った。オーチャードグラスとアルファルファの組み合わせではアキミドリとナツワカバ、マキバミドリとタチワカバの組み合わせでマメ科率が高く、多収であった。オーチャードグラスとアカクローバの組み合わせでは前年よりさらにマメ科率は低下して26〜10%となった。アカクロ−バ品種では比較的永続性に優れるホクセキがサッポロに比べ高いマメ科率で推移した。このマメ科率は3年間を通してマキバミドリとの組み合わせで高かった。アルファルファ、アカクローバとも単播区に比べ混播区では明らかに雑草重が少なく、オーチャードグラスとの混播により、これらの雑草侵入による被害が軽減できることが明らかになった。
研究分担育種・育種1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037573
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat