飼料作物における細胞質雄性不稔遺伝子の発現機構解明

飼料作物における細胞質雄性不稔遺伝子の発現機構解明

課題番号1993001038
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題飼料作物等品種の育成
大課題育種法の確立と新育種素材の開発
中課題バイオテクノロジー利用による育種法の開発
小課題飼料作物における細胞質雄性不稔遺伝子の発現機構解明
摘要細胞質雄性不稔(CMS)は一代雑種作出に用いられ、育種上重要な形質であるが、牧草ではこれに関する分子レベルの研究は遅れている。そこでイネ科牧草(主にイタリアンライグラス)のCMS遺伝子の単離、構造解析、及びその発現機構の解明を行う。まず雄性不稔細胞質と正常細胞質のDNAレベルでの違いを、ミトコンドリア遺伝子を用いてサザン法で調べる。次に稔性回復遺伝子により稔性を回復した植物と、回復していない植物の間のRNAレベルでの違いをノーザン法により、タンパク質レベルでの違いを試験管内タンパク質合成実験により調べる。このようにして同定したCMS関与遺伝子をクローニングして、その塩基配列を決定する。
研究分担育種・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037584
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat