粗飼料等の定量供給・混合機能の改善(145)

粗飼料等の定量供給・混合機能の改善(145)

課題番号1993001093
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題飼料の調製・貯蔵・評価技術及び家畜の生産性向上技術の確立
大課題粗飼料調製・貯蔵・給与作業の効率化及び流通化技術の開発
中課題調製・貯蔵・給与作業技術の効率化
小課題粗飼料等の定量供給・混合機能の改善(145)
摘要サイレージと濃厚飼料を混合材料にして、各種混合機の混合性能を調査した。連続式混合機の1軸スクリュ型は、スクリュ軸にT字型撹拌棒を装着すると混合精度が著しく向上し、2軸スクリュ型の精度を上回った。バッチ式3軸スクリュ型では粗飼料の切断長が混合精度に強く影響し、平均切断長1.3cmでは混合時間9分以降で混合精度が向上したが、3.9cmでは一旦混合が進むが再び分離する傾向が見られた。切断長が9.7cmになると、運転直後に詰まりを生じ運転不能になった。今後は粗飼料や粕類に適した定量供給機構等の検討を行う。
研究分担生産利用・調製工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037639
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat