植物体ワックスアルカンをマーカーとした放牧家畜の採食量の推定

植物体ワックスアルカンをマーカーとした放牧家畜の採食量の推定

課題番号1993001103
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間新H05〜H06
年度1993
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧家畜の生体機構と機能の解明
中課題放牧家畜の栄養生理機構の解明
小課題植物体ワックスアルカンをマーカーとした放牧家畜の採食量の推定
摘要従来測定が困難とされていた放牧家畜の採食量を、植物体のワックスに含まれる複数のアルカンの濃度差を利用し推定する方法を検討する。この推定法の適用範囲を明らかにするために、わが国の主要草種についてアルカンの組成を時期別、部位別に測定する。また、舎飼の家畜に既知量の生草を給与して採食量の実測値と数種のアルカンをマーカーとして得られたそれぞれの推定値を比較し、マーカーとして有効なアルカンの選定および推定精度と誤差要因の検討を行う。さらに、分析の迅速化を図るために、アルカンの分析手法の改善を試みる。
研究分担育種放牧利用・育種化学研放牧管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037649
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat