1.5シーズン放牧による低コスト肉牛生産方式の開発

1.5シーズン放牧による低コスト肉牛生産方式の開発

課題番号1993001126
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧体系における草地利用技術と飼養管理技術の確立
中課題放牧を主体とした育成技術及び肥育方式の確立
小課題1.5シーズン放牧による低コスト肉牛生産方式の開発
摘要放牧を最大限に利用した低コスト飼養技術として、2シーズン放牧方式があげられる。これは、放牧2シーズン目の牛が高増体を示すという現象を利用した技術であるが、飼養期間が長期化し実際にはほとんど利用されていない。一方、わが国の放牧の問題点の一つに春の余剰草があり、緩傾斜地では採草を行っているが、その時期が梅雨にあたり、刈遅れから夏季の草質低下の原因となっている。さらに山地傾斜地では依然として問題が残っている。そこで、高増体が期待できる放牧2シーズン目の牛を、草が余る春の期間にだけ放牧(1.5シーズン放牧)し、採草の労力を軽減するとともに飼養期間を短縮した低コスト肉牛生産方式を開発する。
研究分担放牧利用・放牧管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037672
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat