自動施設による省力放牧管理システムの開発(180)

自動施設による省力放牧管理システムの開発(180)

課題番号1993001128
研究機関名草地試験場(草地試)
研究期間完S63〜H04
年度1993
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧体系における草地利用技術と飼養管理技術の確立
中課題放牧家畜の省力管理技術の確立
小課題自動施設による省力放牧管理システムの開発(180)
摘要自動転牧用の門扉と自動計測用体重計を開発し、省力管理システムを確立する。1)門扉として、水平開閉式門扉と垂直回転式門扉を開発した。前者では、竿の風圧抵抗と回転トルクの計算式を明らかにし、利用面では放牧牛がすぐ門扉に慣れ問題のないこと等を確認した。また、後者では、グラスファイバ製ポール、開閉幅2.8m、重量7kgの軽量小型装置で、実用面では牛の加害は認められず、警報ブザーの可聴距離200m以内で有効性が確認された。2)歩行通過型体重計を開発した。長さ4mの秤量台とロードセル、パソコン等で構成され、測定精度は体重200kg以上で0.2〜0.3%であった。また、秤量台の通過速度は床幅との関連が大きく、床幅が35cmになると、2m/s以下の通過速度割合が6割を越え速度の低減効果が高いことが分かった。さらに、550kgの牛では通路幅75cmで1頭毎の仕分けが可能であった。
研究分担放牧利用・施設工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037674
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat