急傾斜地におけるスーパー放牧技術のシステム化(183)

急傾斜地におけるスーパー放牧技術のシステム化(183)

課題番号1993001133
研究機関名草地試験場(草地試)
他機関畜試
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題放牧を主体とする家畜の生産性向上技術の確立
大課題放牧体系における草地利用技術と飼養管理技術の確立
中課題山地傾斜地を基盤とした肉牛の飼養管理技術の確立
小課題急傾斜地におけるスーパー放牧技術のシステム化(183)
摘要集約的な管理が困難な急傾斜草地で黒毛和種育成雌牛を放牧育成し、日増体量0.5kg〜0.6kgを達成できる放牧方法の検討を行った。供試草地はそれぞれチモシー・オーチャードグラス及びケンタッキーブルーグラス優占の草地である。放牧期間の日増体量は定置放牧よりも短期輪換放牧が優れ、夏季余剰草の立毛貯蔵は期待した増体が得られなかった。そこで、1頭当り30aの基幹草地と10a前後の補完草地を確保し、比較的短期間の輪換放牧を行った結果、日増体量の改善(6/4日〜10/6日迄:日増体量0.5kg以上)が得られ、さらに草地の乾物現存量が体重0.75当り0.3kgを下回る早春と晩秋に多繊維質飼料(ビートパルプ)を補給すると放牧期間が延長できる可能性が得られた。
研究分担山地・家畜飼養研山地草地研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037679
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat