細菌の分類・同定(17)

細菌の分類・同定(17)

課題番号1993000533
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H03〜H06
年度1993
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農業環境資源の分類法の確立と賦存量の把握
中課題環境生物の分類・同定法の開発
小課題細菌の分類・同定(17)
摘要四国農試で栽培中のオリゴ糖生産植物、ヤーコンを萎ちょうさせる新病害の病原菌はErwinia chrysanthemiと同定された。同種の細菌は沖縄産コチョウランの腐敗病の原因でもあった。小笠原産マンゴーかいよう病からXanthomonas campestris pv.mangiferaeindicaeが分離された。植物病原細菌および近縁細菌の簡易迅速同定を目的として、Biolog社のMicro station systemとBio Merieus社のアピ20NEについて、105株のtype strainを供試して同定能力を比較検討した。前者は再現性が高く、大規模な調査・研究に適しており、後者は小規模な調査に優れていることが判明した。しかし、いずれの方法も実用に供するには、多数の株についてあらかじめ調査し、データベースを構築しておく必要があった。
研究分担環境生物・特性分類研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037707
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat