水保全機能向上のための土壌改良・管理技術の開発(23)

水保全機能向上のための土壌改良・管理技術の開発(23)

課題番号1993000539
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題土壌・水・気候資源の特性の解明と機能の評価
中課題土壌・気候資源の物理的特性の解明と機能の評価
小課題水保全機能向上のための土壌改良・管理技術の開発(23)
摘要土壌表面の改変が土壌面蒸発に及ぼす影響を明らかにするため、黒ボク土畑圃場において、不耕起、耕起、麦ワラマルチ区からの蒸発を土壌水分分布から推定した。8月の約15mmの降雨後一週間後に表層25cmに保持される水分量は、マルチ区、不耕起区、耕起区の順であり、水量の差は日蒸発散能以下であった。降雨後20日では、表層1cmに乾燥層が形成されたが、それより深い部位では依然として作物の有効水分領域であった。また、9月下旬以降の約1ヶ月の無降雨日数は4日であり、蒸発抑制の対象とならなかった。以上により、下層からの毛管補給の大きい黒ボク土では、耕起やマルチによる蒸発抑制効果は期待出来ないことが明らかとなった。
研究分担環境資源・土壌物理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037713
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat