土壌への重金属の負荷容量の評価

土壌への重金属の負荷容量の評価

課題番号1993000552
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H05〜H08
年度1993
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題土壌・水・気候資源の特性の解明と機能の評価
中課題土壌・水資源の化学的特性の解明と機能の評価
小課題土壌への重金属の負荷容量の評価
摘要下水処理施設、家畜飼養数、多種類の重金属を使用する施設等の増加が今後見込まれ、これらから排出する下水汚泥、家畜排泄物、産業廃棄物等が農用地土壌へ負荷される機会の増加が懸念される。ここでの重金属の土壌への負荷形態は従来型(高濃度汚染河川水→水田土壌→水稲)と異なり、低濃度ではあるが多種類の重金属が多量の有機物とともに畑土壌へ還元されることが多い。そこで、このような新しい形態で負荷された重金属の作物による過剰吸収、地下水汚染を防止するために、土壌中の重金属の存在形態と移動性の関係を解明し、各種の形態で負荷された重金属の土壌中での動態に関する予測法を開発する。
研究分担環境資源・コロイド研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037726
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat