鳥類の集団ねぐらの空間分布と機能の解明(39)

鳥類の集団ねぐらの空間分布と機能の解明(39)

課題番号1993000557
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関委託:北海道東海大学【竹中践】
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題環境生物資源の特性の解明と機能の評価
中課題環境生物の特性の解明と機能の評価
小課題鳥類の集団ねぐらの空間分布と機能の解明(39)
摘要有害鳥類の群れ集団の採食活動を制御することを目的として、大規模ねぐら集団を形成するムクドリについて、ねぐら形成の場所的、時間的条件、ねぐら集団と採食集団の関係、及びねぐらの位置と採食内容の関係を分析した。石狩川流域におけるムクドリのねぐら形成の時期及びその規模、採食群の出現パターン、群れ内の行動パターンの解析等を行い、ねぐら形成等の行動の季節的変遷について把握した。4〜6月の繁殖期は生息分布は市街地にまで広がるが、7〜9月になるとヤチダモの防風林等の田園地帯に行動圏が限定された。11月以降は一部は市街地に残るが他は南方に移動すると考えられた。採食群の行動の季節的変遷には幼鳥の成長過程、ねぐら位置が関係することが示された。
研究分担環境生物・天敵生物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037731
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat