プロベナゾールによるフェニルアラニンアンモニアリアーゼの活性化機構の解明(63)

プロベナゾールによるフェニルアラニンアンモニアリアーゼの活性化機構の解明(63)

課題番号1993000580
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間完S00〜S00
年度1993
研究問題農業環境資源の賦存量の把握及び特性の解明と機能の評価
大課題農用資材等の特性の解明と機能の評価
中課題農薬等の特性の解明と機能の評価
小課題プロベナゾールによるフェニルアラニンアンモニアリアーゼの活性化機構の解明(63)
摘要昨年度単離したプロベナゾールによって誘導される遺伝子(pPB−1)の組織特異的発現を検討した。開花7日目のイネ(日本晴)の根、緑葉、葉鞘、穎花より全RNAを抽出し、ノーザン法によってpPB−1遺伝子の発現量を検討したところ本遺伝子の転写産物は根以外の地上部でのみ発現していることが明らかとなった。また日本晴懸濁培養細胞においては本遺伝子の発現は観察されなかった。このことはpPB−1の発現、更にプロベナゾールの薬理効果発現には細胞が分化していることが必要であり、特に葉緑体が何らかのかかわりを持っていることが強く示唆された。
研究分担資材動態・殺菌動態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037754
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat