成虫エージ構成に基づく生存曲線の推定(78)

成虫エージ構成に基づく生存曲線の推定(78)

課題番号1993000593
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題環境生物の動態の解明と制御技術の開発
中課題生物個体群の動態の解明
小課題成虫エージ構成に基づく生存曲線の推定(78)
摘要昆虫の野外成虫個体群のエージ構成を明らかにし、野外での生存曲線を推定することを目的とした。マメコガネの野外成虫個体群をたたき網法で調査する方法を確立し、標識再捕法で個体数推定を行った。ウリミバエの成虫のプテリジン量から成虫のエージを推定する方法を確立し、またその推定精度を明らかにした。石垣島で不妊虫放飼されているウリミバエ野外成虫個体群のプテリジン量からこの個体群のエージ構成を推定し、また野外での生存曲線を明らかにした。本成果は昆虫の野外成虫個体群の動態解明に寄与することが期待される。ウリミバエ以外の昆虫でも本方法が利用できるかどうか検討する必要がある。
研究分担環境生物・個体群研天敵生物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037767
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat