トビハマキの性フェロモン

トビハマキの性フェロモン

課題番号1993000599
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H04〜H06
年度1993
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題環境生物の動態の解明と制御技術の開発
中課題生物個体群の動態の解明
小課題トビハマキの性フェロモン
摘要トビハマキ処女雌成虫から性フェロモンを抽出した。フロリシルカラムから5%エーテル/ヘキサンで溶出される画分には2ピークにEAG活性があり、これらはGC−MS分析の結果から、(Z)−9−tetradecenyl acetate、(Z)−11−tetradecenyl acetateと推定された。また、25%エーテル/ヘキサンで溶出される画分には(Z)−11−tetradecenolが検出された。DMDS化して分析を行ない検出した8種の物質の雄蛾のメイティングダンスに対する影響を観察した。その結果、(E)−11−tetradecenyl acetateには阻害活性があり、(Z)−11−tetradecenyl acetateと(Z)−11−tetradecenolの2物質が強いメイティングダンスを示すのに必要であった。
研究分担環境生物・昆虫行動研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037773
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat