アレロパシー物質の構造解析とその合成(95)

アレロパシー物質の構造解析とその合成(95)

課題番号1993000609
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
他機関委託:京都大【小清水弘一】
研究期間継H01〜H10
年度1993
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題生物群集レベルにおける相互作用の解明と制御技術の開発
小課題アレロパシー物質の構造解析とその合成(95)
摘要熱帯多雨林内でアレロパシーが発現している可能性が推定されているCombretum bracteatumの乾葉(450g)を水抽出し、n−ブタノール可溶性物質を除去した後、活性炭、シリカゲルカラムクロマト、HPLCを行い、2種の活性物質を得た。この物質はダイコン幼苗生育に阻害作用を示すため、現在種々の機器分析法により構造決定を行っている。熱帯疎林産Cassia siameaの活性物質は、乾葉をメタノール抽出し、酢酸エチル画分に分配後、5つの活性成分に分画した。この植物には比較的弱い活性を持つ物質が多種含まれていることが推定されており、構造決定後は強力な活性を示す誘導体の合成が耕地への応用の鍵となる。
研究分担環境生物・他感物質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037783
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat