農業用排水の水質浄化に適した藻類種の検索(141)

農業用排水の水質浄化に適した藻類種の検索(141)

課題番号1993000634
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農業生態系における要素間相互作用の解明と制御技術の開発
中課題生物と土壌・水・大気の相互作用の解明と制御技術の開発
小課題農業用排水の水質浄化に適した藻類種の検索(141)
摘要平成3年度の有用藻類種の検索により選択した、淡水産緑藻Botryococcus brauniiを用いて、各地から採水した硝酸汚染地下水で培養実験を行った。実験に供した地下水は、茨城県玉造町大清水池の湧水、埼玉県岡部町の湧水、沖縄県宮古島の地下水である。各地下水は高濃度の硝酸態窒素(4〜20mgN/L)を含んでいたが、リン酸態リンの濃度は非常に少なかった。各種栄養塩類を含む標準培地での本種の成長は良好であった(倍加時間2〜5日)。一方各地の地下水では、本種はほとんど増殖せず、リン及びFeEDTAの添加が必要なことが判明した。好培養条件下では1カ月で1〜3g乾重/Lの藻体が得られた。藻体当りの硝酸態窒素消費速度は1〜2mgN/g乾重/日であった。
研究分担環境資源・水質保全研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037808
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat