農薬の気相中における動態解析−捕集法と分析法の確立−

農薬の気相中における動態解析−捕集法と分析法の確立−

課題番号1993000651
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題農業生態系の構成要素の動態・相互作用の解明と制御技術の開発
大課題農用資材等の動態解明・制御技術及び安全性評価・管理技術の開発
中課題農薬・肥料等の環境中の動態解明と制御技術の開発
小課題農薬の気相中における動態解析−捕集法と分析法の確立−
摘要農薬は欠くことのできない農業資材であるが、一方で環境への影響が懸念されている。環境中における農薬の動態については未解明な部分が多く、系統的な研究が望まれている。そこで気相中に存在する農薬の分析法、連続的な自動サンプリング法を開発し大気中農薬のモニタリングを行う。農薬の気相への移行メカニズム、気相中における存在状態、分解反応メカニズムを解明する。
研究分担資材動態・農薬管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037825
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat