農耕地における新野外RIトレーサー技術の開発(171)

農耕地における新野外RIトレーサー技術の開発(171)

課題番号1993000682
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系に関する情報の収集・解析・処理システムの開発
中課題農業生態系に係わる情報の計測手法の開発
小課題農耕地における新野外RIトレーサー技術の開発(171)
摘要かって盛んに行われたRIの野外利用は、法規制により一部を除いてはほとんど見られなくなった。しかし最近になり、高感度で簡便なRIが再び見直される気運にある。そこで半減期も長く、β線のエネルギーも低くて安全な33Pを用いて、九州農試畑地利用部で追跡実験を行った。その結果、アイソトープ稀釈法により計算される牧草の吸収可能な土壌中の有効態リン量(A−価)は、リン酸蓄積土壌で138gP/m2と牧草が1年に吸収する量の150年分に相当した。これに対し、対照土壌ではその1/5に過ぎなかった。
研究分担環境管理・分析法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037856
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat