草地のリモ−トセンシング活用手法確立調査−根釧−(172)

草地のリモ−トセンシング活用手法確立調査−根釧−(172)

課題番号1993000683
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系に関する情報の収集・解析・処理システムの開発
中課題農業生態系に係わる情報の計測手法の開発
小課題草地のリモ−トセンシング活用手法確立調査−根釧−(172)
摘要リモートセンシングデータ及び既存営農データによる圃場単位での草地状況の把握を試みた。各圃場の農家までの距離と植生指数KVIとの関係を見ることにより、採草地、放牧地の地理的分布の違い、及び遠方採草地における刈り取りの遅れを観測することができた。また、マメ科牧草の割合が増加し、イネ科牧草の割合が減少するとバンド3、4、5について全体的にCCT値が高くなることが確認された。これはマメ科牧草の広葉とイネ科牧草の細葉の形態的違いの影響であると考えられ、主に影の影響が大きいと考えられる。特にバンド5で傾向が顕著に現れておりマメ科率推定が可能なことを示唆している。
研究分担環境管理・隔測研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037857
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat