全国の土壌中放射性核種の地質学的研究

全国の土壌中放射性核種の地質学的研究

課題番号1993000686
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H04〜H08
年度1993
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系に関する情報の収集・解析・処理システムの開発
中課題農業生態系に係わる情報の計測手法の開発
小課題全国の土壌中放射性核種の地質学的研究
摘要土壌中に含まれる天然放射性核種は、地域差が大きい。それは、土壌母材である岩石からの影響が大きいためと考えられる。そこで土壌を対象に、ウラン、トリウム系列核種と40Kについて母材の影響を明らかにするためにこの研究を行う。今年度は、測定法の検討を行った。土壌試料の測定は、Ge(Li)半導体検出器で行うが、その際、測定試料のみかけの密度の違いとγ線核種のピーク効率との関係を明らかにした。その結果、土壌試料の放射能濃度計算の際、その測定試料のみかけの密度からγ線核種のピーク効率を決めることが出来る。
研究分担環境管理・分析法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037860
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat