中山間地域における環境保全機能の総合的評価手法の開発

中山間地域における環境保全機能の総合的評価手法の開発

課題番号1993000720
研究機関名農業環境技術研究所(農環研)
研究期間新H04〜H06
年度1993
研究問題農業生態系の総合的管理技術の開発
大課題農業生態系の変動予測と総合的な評価法の開発
中課題農業生態系の総合的な評価法の開発
小課題中山間地域における環境保全機能の総合的評価手法の開発
摘要農地管理の粗放化による中山間地域の環境保全機能の著しい低下が懸念されている。中山間地域に多く賦存している傾斜農地のかい廃状況を整理すると、1975年から1990年の間に20〜50%の面積が減少している。農地の減少は、水田では傾斜1/20以上、畑では8゜以上の傾斜地に集中しており、普通畑・牧草地での減少面積が特に大きい。環境保全機能の総合的評価手法を開発するために、既往の研究成果をもとに、a.水かん養、b.洪水防止、c.水質浄化、d.土砂崩壊防止、e.土壌侵食防止、の5機能の関係を解析したところ、水かん養機能は比較的独立性が強いものの、Kendallの一致係数は0.633と算定され、機能間の相関が相互に高いことが1%の有意水準のもとに確認された。
研究分担環境管理・環境立地研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037894
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat