ブニヤウイルス属シンブ血清群ウイルスの分節再集合ウイルスの作出(9)

ブニヤウイルス属シンブ血清群ウイルスの分節再集合ウイルスの作出(9)

課題番号1993003418
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題伝染病の防除技術の確立
大課題国内伝染病の病原体の性状解明と疾病防除技術の確立
中課題病原微生物の病原性及び変異の解明
小課題ブニヤウイルス属シンブ血清群ウイルスの分節再集合ウイルスの作出(9)
摘要今までに得られたピートンウイルスに対する単クローン抗体を用い、プラック中和試験およびELISA反応によりアカバネウイルスOBE−1株との交差血清反応を行った。認識抗原の同定を行ったところ、ヌクレオキャプシッド蛋白質を認識しているものが6クローン、表面の糖蛋白質を認識しているものが2クローンであった。アカバネウイルスとのELISAによる交差試験で、ピートンウイルスに対して高く、アカバネウイルスに対して低い値を示した株が5クローンで、中和試験ではこのうち3クローンがアカバネウイルスに対し低い反応性を示した。最終年度は、このピートンウイルス特異的単クローン抗体を用いて分節再集合ウイルスの作出を試みる。
研究分担研二・ウイ1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037955
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat