早熟型コクシジウム株の性状の検討(48)

早熟型コクシジウム株の性状の検討(48)

課題番号1993003452
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題伝染病の防除技術の確立
大課題国内伝染病の病原体の性状解明と疾病防除技術の確立
中課題国内伝染病の診断,予防及び治療技術の確立
小課題早熟型コクシジウム株の性状の検討(48)
摘要早熟化継代によって作出された鶏コクシジウム弱毒株のブロイラーに対する病原性は、症状の軽減(血便の排出期間及び程度)、増体率の維持、病変値の低下(2.0)等、強毒親株に比べ極めて低下しており、またオーシスト排出数の減少も見られ、採卵鶏に対するものと同様であった。早熟株を常法で10代継代して病原性復帰の有無を検討したところ、継代後の病原性は強毒株と弱毒株のほぼ両者の中間程度であり、継代による病原性復帰の可能性が認められた。弱毒株と親株のオーシストの形態変化は、オーシスト排出後の同一経過時間では差は認められず、弱毒化はオーシストの形態に影響を与えていなかった。
研究分担鶏病・3研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030037989
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat