糞線虫2種に対するスナネズミの感受性の検討(107)

糞線虫2種に対するスナネズミの感受性の検討(107)

課題番号1993003505
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題家畜,家きん疾病の総合的防除技術の確立
大課題生物的環境の制御による疾病予防技術の確立
中課題寄生虫,家畜害虫防除技術の確立
小課題糞線虫2種に対するスナネズミの感受性の検討(107)
摘要子牛に死をもたらす乳頭糞線虫Strongyloides papillosus(SPL)の基礎研究推進のため、ネズミ糞線虫S.venezuelensis(SVZ)とSPLに対するスナネズミの感受性を調べた。SVZでは通常の経皮感染によって容易に感染したが死には至らなかった。SPLでは経皮感染は不成立であったが、寄生雌虫を小腸内に外科的に移植することによって感染成立と死が発現した。すなわち、同虫500匹移植群は生残したが、同虫1,000匹移植群は移植後10日に5頭とも死亡し、その小腸から多数の虫体が回収された。寄生雌虫の移植による感染成立および移植虫数の多い群に死が発現したことから、スナネズミはSPL症の基礎研究に有用であることが示唆された。
研究分担研一・寄生虫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038042
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat