寄生虫検査による測定値の診断的意義の検討

寄生虫検査による測定値の診断的意義の検討

課題番号1993003507
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題家畜,家きん疾病の総合的防除技術の確立
大課題生物的環境の制御による疾病予防技術の確立
中課題寄生虫,家畜害虫防除技術の確立
小課題寄生虫検査による測定値の診断的意義の検討
摘要寄生虫検査における糞便検査法は、内部寄生虫症の基本的診断法であるが、対象となる寄生虫の種類によって種々様々であり、検査法の標準化と診断的意義に関する研究は遅れている。このため、複数の検査者相互のデータの比較が困難なことが多い。また、近年問題となる寄生虫の種類が変化し、これらに特化した対策が必要となってきた。そこでいくつかの主要な寄生虫を本研究の対象とし、情報量の多い定量的な検査法の導入または開発改良を進め、定量的測定値の変動要因を明らかにする。この変動要因の解明を基盤として、測定値と罹患動物の病勢との関係を検討し、糞便検査の診断的意義を検討する。これによって検査結果に対応する寄生虫症予防対策の指針(ガイドライン)作成の基礎的資料が得られる。
研究分担研一・寄生虫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038044
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat