放射線による家畜の生体ネットワークへの影響に関する生化学的,分子遺伝学的解明に関する研究

放射線による家畜の生体ネットワークへの影響に関する生化学的,分子遺伝学的解明に関する研究

課題番号1993003511
研究機関名家畜衛生試験場(家畜衛試)
研究期間継H04〜H07
年度1993
研究問題家畜,家きん疾病の総合的防除技術の確立
大課題物理,化学的環境の制御による疾病予防技術の確立
中課題有害物質による障害の解明と防除技術の開発
小課題放射線による家畜の生体ネットワークへの影響に関する生化学的,分子遺伝学的解明に関する研究
摘要本研究は、放射性物質の家畜生体ネットワークへの影響を解明するとともに、免疫学的、分子遺伝学的技術を応用し、放射性物質が家畜の生理機能、免疫機能に及ぼす影響について、細胞レベル及び遺伝子レベルで解析することを目的としている。平成4年度は、牛マクロファージ由来株化細胞におけるCキナーゼを介する情報伝達機構に対する放射性Srの影響及び低エネルギー放射線がウイルス持続感染細胞に及ぼす影響について検討するとともに、放射線による突然変異を解析するためのシャトルベクターの作成、放射線のウイルスRNAへの影響を検討するためのウイルスRNAのクローニングを行った。
研究分担海外病研二北海道・2研5研分子免疫研免疫研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030038048
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat